チャンピックスを使った禁煙治療/副作用にはご用心

つまんでいる薬

ニコチン依存を解消

黄色の薬

禁煙しようと思っても、なかなか喫煙者がタバコを手離せない大きな理由。
それはニコチンによる依存症状です。

依存症状と言えば、危険な薬物を摂取する場合などによく聞く言葉ですよね。
頻繁にニュースなどで報道されていますが、薬物によって気分が高揚し、いずれはその薬物がなければ生きていけなくなってしまうというアレです。
こうした薬物の場合、依存症状に陥った人の末路として、幻覚や幻聴が絶えず、日常生活さえままならない状態になってしまいます。
それに比べればニコチンによるタバコ依存は、そこまでのことにならず、ただ吸いたくなってしまうだけです。
しかし、これも立派な依存症状。
ここをなんとか解決しなければ、いつまで経っても喫煙生活から抜け出すことはできないのです。

喫煙をすることで、脳内のニコチン受容体と呼ばれる部分にニコチンが結合します。
これによってドーパミンという快楽物質が生成されるのですが、これが喫煙時にリラックスできる要因です。
しかし、禁煙を始めてしまうと、ニコチンを摂取することがなくなり、同時にドーパミンの生成も止まります。
すると、ドーパミンによる快楽に体が慣れてしまっていることにより、次第にイライラし、落ち着きを失ってしまうのです。
集中力も欠如し、仕事などにも支障が出てしまう可能性があります。

チャンピックス以前にも、禁煙補助グッズはありました。
有名なのは、上腕部などに貼るだけで簡単に禁煙が進められるというニコチンパッチではないでしょうか。
これは貼った箇所から微量のニコチンを体内に放出し、それによって喫煙しなくてもドーパミン不足によるイライラが起きないようになる仕組みです。
しかし、ニコチンを体内に摂取するということは変わらないため、禁煙成功率は正直そこまで高くありませんでした。
それに比べ、チャンピックスはニコチンを摂取することなく、自然に禁煙を進める禁煙治療薬です。
こうした従来の禁煙補助グッズと違ったアプローチにより、驚異的な禁煙成功率を記録しているのです。